岡山のインテリアコーディネーター・コミュニケーションサイト

「秋のバス旅行〜奥出雲の旅〜」に参加して

今年あったビアパーティーで
今回の旅行の行き先を決める投票がありましたが
たたらに以前から興味があった僕は、迷わず奥出雲に票を投じていました。
旅行の案内が届いて行き先が奥出雲と知った時は嬉しくて、すぐ参加することを決めました。
 
楽しみにしていた、たたら館は実際に聞いて、見て、感じてすごくワクワクして
正直もう、僕のお腹は満腹になりました。
ますます、玉鋼のものを扱ってみたくなりましたねw
{居合もみたよ!(でも)。ほんとは、やってみたかったんです}
 
絲原家の旧家屋の建物は手間がかかっていて、日本建築の鉄板!!だったw
そしてもみじも紅に染まり、たたら館で満腹になった僕はこの記念館を訪れて感動し
良い意味でどれを取ってもその悉くが裏切られ長い歴史を肌で感じられました。
{この場所で食べた島根の蕎麦、めちゃくちゃおいしかったよ!}
 
次に訪れた。櫻井家の旧宅も、おもてなしや、訪れた人への感謝する、日本人ならではの心が各所に散りばめられていてその悉くを感じられてもみじの紅葉をみて、僕の心も高揚しました
 
三次ワイナリーで、ワインの試飲はしたけどやっぱりこれは、大人の味だと確認し
おみやげコーナーで出会った「のり天すだち」が味見をしてみると止まらず、お土産にと購入したのに家で食べてしまうという事態になりました。
 
この旅を通して、滅多に乗らない電車で遠足気分を味わい出雲ループ・たたら館・絲原邸・櫻井邸・三次ワイナリー帰りのバスで感想文への赤札・帰宅後の海苔天のおいしさどれを思い出しても、楽しかったと思えた旅でした。
 
一緒に観光してくださった皆さんとも普段、話す機会がなくて
でも、この旅で協会の方々との交流もでき 自分事ではありますが
経験・知識・話題にもつながる、嘉日だったとおもいます。
 
ありがとうございました!!




OIC会員 采女 佳史

      

Facebook

アクセスマップ

↑ PAGE TOP